寝たいのに寝れない!そんな時に見るサイト

眠る猫

寝たいと思った時に自分が寝たいように寝る、これは極々当たり前にわたしたちが日常生活の中で行なっていることです。

この寝たい時に寝たいように寝るというのは、多くの人が極々当たり前に行なっている行為で、それに対して特に疑問を持ったり、特別な意識を持っている人はあまりいないでしょう。

ですがこの「当たり前に行なっている行為」がきちんとできなくなってしまい、寝たいのに寝ることができないという悩みを持っている人というのは、とても多くいます。

そんな悩める人のために、

「どうして寝たいのに寝れないのか」
「どうすれば寝れるようになるのか」

そして「寝れないという時に多くの人が行なっている間違った寝付きかた」についてなど睡眠に関する様々な疑問や解決方法を紹介していきます。

そして逆に、

寝てはいけない時にやってくる睡魔に対してどうすれば勝てるのか、
どうすれば眠くても睡魔に負けること無くきちんと起き続けられるようになるのか、

ということも合わせて紹介していきたいと思います!

寝れない原因から見つける!自分だけの安眠方法

眠る女性

どんな物事にもきちんとした理由と結果というものが存在しています。
そのため、寝たいと思った時に寝れないという症状にも、きちんと理由とその結果が存在しています。

もし今寝れなくて辛い気分になってしまっている、寝れない事が原因で日常生活に支障が出ている、そんな状態になっているのであれば、まずは自分がどうして寝れなくなってしまっているのか、何が原因で寝れないのか、という症状の原因となるものについて調べてみましょう。

あなたはどれ?不眠の症状からわかる不眠対策法!

寝たいと思っても寝れない、そんな病状が特徴的な病気に不眠症というものがあります。
不眠症にはさまざまな症状があります。

「どう眠れないのか」
「どうして眠れなくなってしまうのか」
「どのように治療をすればよいのか」

というのも異なります。

ですので、もし今寝れないという悩みを持っているけれどもどうして寝れないのか分からないという人は、まずは自分が今どういった寝方をしており、その結果寝れていないと感じているのかを調べてみましょう。

寝れない原因についてもっと詳しく知る

睡眠による身体にウレシイ効果と質を上げる効果的な方法!

目覚める女性

きちんとした睡眠を取れた日と十分に睡眠が取れていない日で、身体の動きの良さや頭の回転の速さなどは大きくことなっています。
睡眠にはこういった身体の調子を良くしたり、頭の回転を良くしたりする効果があります。

もし自分の身体や頭が持っている本来の性能を100%フルに発揮させたいと思った時には、良質な睡眠というものが必要になるのです。
自分自身の身体を上手くコントロールし、睡眠の持つウレシイ効果を実感させたいと思った時には、良い睡眠をとるためのポイントを知り、実践してみましょう。

睡眠による身体にウレシイ効果についてもっと詳しく知る

寝る方法まとめ!~少しでも長く深く寝るために~

眠りをより良いものにしたいと思った時には、さまざまな方法で眠りの質を良くし、より良い眠りが得られるようになります。

眠くなるツボを刺激する、眠るための睡眠法や呼吸法を身に付ける、こういった何も道具を必要としないものもあれば、快眠を作り出してくれるスマホアプリや眠りの質を良くするサプリメント、睡眠日記の作成など色々な方法があります。

毎日のより良い睡眠のために、これらのより良い眠りを得るための方法の中から自分好みの物を選んで実践してみましょう。

少しでも長く深く寝るための方法についてもっと詳しく知る

熟睡できない人はなにが間違っているのか?にお答えします!

目覚めの悪い女性

多くの人が望んでいること、それは熟睡です。
熟睡することができると身体や脳の疲れは解消され、精神的な負荷などもなくなり非常に楽な気分になることができます。

ですがこういった身体の疲れが解消されるような熟睡をしたいと思っても上手くできず、「最近熟睡できていない」「寝ても疲れがとれてない」、さらにはここ何年間も熟睡と呼べる程の深い眠りについたことがないという人が、潜在的にはとても多くいます。

そんな「熟睡したくてもできない」という悩める人のために、熟睡のために必要なことや、寝ても疲れがとれないという人の間違った行動についてQ&A形式で紹介していきます。

熟睡できる睡眠法についてもっと詳しく知る

番外編~睡魔に勝つ方法~

寝ようと思っても寝れない、そんな状態が数日も続いてしまうと、日常生活を送っている最中に突然意識が落ちてしまったと錯覚するような、非常に強い眠気を感じてしまう時がやってきます。

そんな強い眠気が訪れた際に睡魔に負けてしまうと、時には大変な事故につながってしまう場合もあります。
そのような恐ろしい事態を回避するために、睡魔に対して負けずに勝つ方法、そして睡魔に襲われるのを予め予防する方法を知って実践し、睡魔に負けること無く日常生活を送りましょう。

睡魔に勝つ方法についてもっと詳しく知る

今の状態をチェックしよう!

指を立てる女性

「より良い睡眠をとりたい」「寝たい時にスムーズに眠りにつけるようになりたい」
そう感じた時には寝るための環境がとても大切になります。

より良い眠りというのは、より良い眠りが得られる「環境」を作ることによって得られるようになるのです。
ですので、もしこれから「しっかりと眠りたい」「より良い眠りを手に入れたい」と思っているのであれば、まず睡眠に適した環境なのかどうかをチェックしてみましょう。

より良い眠りを得るために、まず初めにチェックすべき点として部屋の明るさがあります。
人間というのは目を閉じている状態でもまぶたから透けて入ってくる光によって、外の明るさを感知しています。そして人間をはじめ生物の脳というのは、明るい環境では意識を覚醒させるように脳が働きます。

そのため部屋の中で明かりが煌々とついている状態では眠ろうと思っても、脳は意識を覚醒させ続けようと思ってしまい、その結果眠りにくくなってしまうのです。

2つ目に眠る際に身につける衣服、パジャマについてのチェックをしてみましょう。

パジャマは睡眠をとる際に着用することを想定して作られた衣服です。
このパジャマの役割としては、睡眠時にかく汗を吸収し寝苦しさの解消を行なう、パジャマを眠る時に着用することによって、脳に対して「この服を着るのは眠る時」と覚えこませ、意識をスムーズに睡眠状態へと移行させる働きなどがあります。

したがって、人によっては寝る時は下着で眠る、全裸で眠るという人もいますが、きちんとした睡眠のためにもパジャマというのは実は非常に大切なモノなのです。

3つ目は布団などの寝具についてチェックをしてみましょう。
布団などの寝具はより良い睡眠をとるために非常に大切な物です。身体が沈み込みすぎず跳ね返りの強すぎないマットレスの上に寝ることによって、身体が包み込まれるような感覚を得ながら身体をしっかりと休めることができます。

そして身体の上にかける布団に関しても、重量が重い布団は身体に対して余計な圧をかけてしまい、睡眠の妨げになってしまいます。
そして更に布団自体の肌触りが悪い物を使用した場合、布団を体にかけるだけでストレスを感じてしまうこともあります。

したがって、身体に対して過剰な圧をかけず、軽く肌触りの良い物を使用するのが非常に大切になります。

そして4つ目にチェックをすべき点として、就寝前の飲酒喫煙です。
お酒やタバコというのは非常に多くの人が嗜む物ですが、実は良い睡眠を得ようと思った時には、これら2つのものはあまり良くはない物なのです。 というのも、これら2つのものには眠りの質を悪くしてしまう働きがあるのです。

ビール

まず初めにお酒です。
アルコールには脳の興奮を鎮める作用があり、少量服用すると脳の興奮がスッと静まっていき、非常にスムーズに眠りにつけるようになります。ですがアルコールは肝臓で分解される際にアセトアルデヒドと呼ばれる物質を発生させます。

このアセトアルデヒドと呼ばれる物質は、睡眠中の脳は活動しているけれども身体が休んでいるレム睡眠と呼ばれる状態になるのを抑制します。 そしてこのレム睡眠と呼ばれる状態は非常に浅い眠りであり、些細なことで意識が覚醒してしまいます。

そのため、眠り始めの頃はアルコールの作用によってしっかりと眠ることができますが、体内でアセトアルデヒドが生成され始めると今度は浅い眠りであるレム睡眠が睡眠時間の中後半辺りに集中するようになり、その結果些細なことで意識が覚醒する状態になってしまうのです。

そしてタバコですが、このタバコの主原料となっているタバコ葉と呼ばれる葉っぱには、ニコチンが含まれています。
このニコチンはアドレナリンの分泌を促進する作用があり、喫煙によって体内にニコチンが入り込むと、アドレナリンの作用によって意識が覚醒されていきます。

したがって、眠る前に喫煙をしてしまうと、吸った直後はリラックスした気分になり、よく眠れると感じるかもしれませんが、その後長時間アドレナリンの作用によって意識が覚醒されてしまい、眠っていても目が覚めてしまう、起きた後も身体に疲れが残っているような状態になってしまうのです。

布団に入る女性

そして最後にチェックすべきこととして、睡眠時に身体をどう温めているのか、という点があります。
人間の身体というのは体表と体内で温度が異なっており、体内の体温というのは睡眠時に低下するという特徴があります。

そしてこの体内の温度がきちんと低下し、意識の覚醒にしたがって徐々に上昇していくという状態を作り出すのが、快適な睡眠のために非常に大切になります。 そしてこのような体内の温度を下げるために必要となるのが頭寒足熱と呼ばれる物があります。
この頭寒足熱はその字の通り、頭を冷やしつつ脚を温めるという行為を指します。

この頭寒足熱を行なうことによって、体表面の温度が上昇していきます。
そして体表面の熱は外気と接触することによって空気中に放熱されていくのですが、その過程で体内の熱が体表に伝わっていき、体内の熱が低下することによって身体は眠りにつきやすくなるのです。

これらの要素をチェックしていき、どれか1つの要素でも眠りに適さないことを行なっているのであれば、それを改善することによって、より良い眠りにつけるようになるかもしれません。
今きちんと眠れていないという悩みを持っているのであれば、これらの要素をチェックし何を改善すればよいのかというのを調べてみましょう!

check!注目エントリー