睡眠前のリラックスタイムが安眠に重要なワケとその方法

ホーム寝る方法まとめ!~少しでも長く深く寝るために~ >睡眠前のリラックスタイムが安眠に重要なワケとその方法

睡眠前のリラックスには瞑想が一番

瞑想する女性

良い睡眠をとるために必要なものとして、睡眠前のリラックスがあります。
睡眠をとる前にあれやこれやと難しく考えてしまい、頭のなかが混乱しリラックスしていない状態になってしまうと、幾らものを考えようと思っても上手く考えがまとまらなくなってしまいます。

そしてそういった状態になってしまうと、眠ろうと思った時にも物音や頭のなかで考えていることに対して意識が向いてしまい、上手く眠ることができなくなってしまうのです。

したがって、より良い睡眠をとるためには頭も身体もきちんとリラックスした状態を作り出し、意識を眠りに対して向けてあげる必要があるのです。

頭と身体をリラックスさせる方法にはさまざま方法がありますが、最も手軽かつ簡単に行える方法として、瞑想という方法があります。

瞑想と聞くと多くの人が難しいものだと考えてしまいますが、実はこの瞑想というのはそこまで難しいものではなく、誰でも行える方法でありながらも、非常に強いリラックス効果があるものなのです。

瞑想というのはゆっくりと深く呼吸をしながら、何も考えることなく気分を落ち着かせるという行為です。
これはゆっくりと深く呼吸をすることによって横隔膜に集まる副交感神経を刺激し、全身をリラックスさせるという効果があります。

そして瞑想の効果によって頭と身体をしっかりとリラックスさせ、集中力の向上や、眠る前であれば睡眠にだけ集中し身体をしっかりと休められるようになります。
このように、正しい瞑想の方法さえ覚えることができれば、誰もが簡単に心と頭、そして身体を落ち着かせることができるのです。

正しい瞑想の方法

実際に瞑想を行う際には、正しい瞑想の方法を覚える必要があります。
瞑想にはさまざまな方法がありますが、そのなかでも最も簡単なのは呼吸にだけ意識を向けるという方法があります。

まず初めに、椅子やベッドといった座れる場所に対して楽な姿勢で座ります。
そしてその後目を閉じ、ゆっくりと腹式呼吸を行いつつ、呼吸に合わせて数字のカウントを行うだけです。カウントの際には、10まで数をカウントした後は再度1に戻り、カウントを継続していきましょう。

時間の目安としては、初めて行うのであれば長くても15分ほどが良いと言われていますが、自分が十分リラックスすることができたと思えたのであれば、それよりも早い段階で瞑想を終了しても問題はありません。

この方法で瞑想を行う際に大切になることが2つあります。

瞑想するときに注意すること

まず1つ目は腹式呼吸を行うということです。

瞑想の目的として気分をリラックスさせ、落ち着かせるという目的があります。
そしてリラックスをする際には、横隔膜を刺激し副交感神経の活動が交感神経よりも優位になるようにしなければいけないため、横隔膜を利用した呼吸である腹式呼吸を行う必要があるのです。

瞑想を行う際には普段の胸を膨らませて行うような浅い呼吸ではなく、腹筋の辺りが膨らむような深い腹式呼吸を行うようにしましょう。

そして2つ目の注意点として、呼吸にのみ意識を向けましょう。
他のことに対して意識を向けるのではなく、自分が今行っている行動にだけ意識を集中させ、外部からの刺激をシャットダウンさせることにより、より深くそして強いリラックス効果を得ることができます。
瞑想を行う際には、自分の呼吸の回数のカウントだけに意識を向けるようにしましょう。

瞑想によるリラックス以外にも、脳をリラックスさせる方法は多数存在しています。

たとえばアロマオイルアロマキャンドルと呼ばれるようなものも、非常に強いリラックス効果があります。

アロマオイルやアロマキャンドルによるリラックス効果というのは、視床下部という部位の働きによって発生するものです。
視床下部は脳の奥に存在する部位ですが、この部位は何かの匂いを感じ取ると活発に活動する部位なのですが、同時に自律神経や免疫の活動といったものも、この視床下部によってコントロールがされています。

したがって、アロマオイルやアロマキャンドルといったものを使用し、脳をリラックスさせるような香りを嗅ぐことによって、視床下部が香りによる刺激を受け、リラックスできるようになるのです。

リラックス効果のあるアロマにはさまざまなものがありますが、定番の香りとしてラベンダーベルガモットがあります。
これらの香りは非常に強いリラックス効果があるため、気分を落ち着かせリラックスをしたいと思った時には、ラベンダーやベルガモットの香りがするアロマオイルやアロマキャンドルを焚くことにより、スッと気分が落ち着きリラックスできるようになります。

瞑想によるリラックスや、アロマを利用したリラックスと言った方法以外にも、リラックスをしながら睡眠をとるために利用できるものは多数存在しています。

快眠グッズ

これらのリラックスをしながら快適な睡眠をするために利用できる道具というのは、快眠グッズや睡眠グッズと呼ばれています。
そして、こういった睡眠に利用できるグッズのなかでも特に人気が高いものに3つの製品があります。

それは、耳栓アイマスクマスクです。
これら3つのグッズに共通することとして、外部からの刺激を遮断することができるという共通点があります。

日常生活を送っている最中には特に深く意識をすることはありませんが、実は日常生活のなかには多数の雑音や不快な音というものが存在しています。

車の走行音、近隣住民の生活音、自宅の外をうるさく騒ぎながら通る人の声、こういった音というのは快適な睡眠にとっては非常に迷惑なものなのです。
そのような騒音をシャットアウトし、静かな環境で眠りたいと思った際に非常に便利なグッズが耳栓です。

耳栓を装着した際には外部の音を完全にシャットアウトする、もしくは外部の音の音量を下げることによって、装着前よりも静かな環境での睡眠が取れるようになります。
したがって、いつもと同じ場所にいながらもいつもとは違った場所にいるような気分になりつつ、眠りにつけるようになります。

そしてアイマスクですが、アイマスクの主たる機能として外の光を遮断する機能があります。
人間というのは暗い場所でメラトニンという物質が分泌されるという特徴があります。
メラトニンは睡眠ホルモンと呼ばれるような眠りを誘うホルモンで、快適で良質な眠りを得るためにはこのメラトニンの分泌量を増やす必要があります。

そしてその際に役に立つのがアイマスクで、これを装着することによって外部からの光をシャットダウンし、窓から差し込む光などによってメラトニンの分泌が妨げられることなく、より快適に眠れるようになるのです。

そして最後にマスクですが、これは一見すると息苦しくなってしまい寝づらくなってしまうのではないか、と思うかもしれません。
ですが近年のマスクというのは非常に良くできたもので、装着しても圧迫感を感じることなく、息も非常にしやすい製品が存在しているのです。

そしてこういったマスクを使用するメリットですが、睡眠時には体中の筋肉がリラックスしてしまうため、口周りの筋肉が緩み、口が開きっぱなしになってしまう人が多くいます。
そういった状態になってしまうと、乾燥した空気が喉や口に対して直接あたってしまい、口腔内が乾燥しきった状態になってしまいます。

そしてそういった状態になってしまうと、喉の渇きや口の乾燥によって発生する不快感で目が覚めてしまう場合があるのです。
ですがマスクを使用した際には、口や鼻から吐いた息がそのままマスクに対して接触し、その熱を含んだ湿った空気が再度呼吸によって体内に入るため、口や喉の乾燥を防止し、眠っている最中に口の不快感などが気になってしまって起きるということもなく、非常に快適に眠れるようになるのです。