寝れない原因から見つける!自分だけの安眠方法

ホーム > 寝れない原因から見つける!自分だけの安眠方法

寝れない原因

上を向く男性

眠りたいと思っても眠れない、寝たいように寝れない、そういった現象にはきちんとした原因が存在しています。
寝れない症状の原因となる事にはさまざまなものが存在していますが、その理由というのは大きく分けると3つのものに区分けする事ができます。

まず1つ目の原因は精神的な負荷、これは精神的な病を始め、肉体とは一切関係がないものが原因となっているものです。

2つ目の原因は肉体的な理由で、これは精神的な負荷などが原因で発生しているものとは違い、身体に対して何かしらのダメージが発生している、もしくは日頃の行動が原因で発症しているというものです。

そして3つ目は環境が原因となっているものです。
この3つ目の原因というのは、自分が睡眠をとる場所や生活を行なっている場所の環境が原因となっているものです。

これら3つのもののどれか、もしくはこれらのものが組み合わさる事によって、「寝たいのに寝れない」という辛い症状を発症する事になります。
ですので、もし今寝れないという辛さを抱えているのであれば、「自分がどうして寝れないのか」という原因を特定してみましょう。

精神的(うつ、不安、心配事)

落ち込む女性

寝たくても寝れない、そんな症状の原因の1つとして、精神的な負荷というものがあります。 人間の精神というは非常に脆く弱いものであり、精神的な負荷がかかった際にはその影響が肉体にも現れることがあるのです。

眠れなくなる精神的な負荷にはいろいろなものがあります。
たとえばうつ病、この症状というのはストレスや重度のプレッシャー、そして病気といった心身問わず何かしらの大きな負荷が身体や脳に対してかかり続けることによって発症する症状です。

この症状を発症すると、セロトニンといった脳内物質の分泌が低下していき、その結果大幅な気分の落ち込みや思考力の低下、何かしらの行動を起こすための意欲が急激に低下するといった症状が現れるようになります。

そしてこれらの症状の1つに睡眠に関するものが存在しており、うつ病になると睡眠が十分に取れなくなってしまうのです。
また、このうつ病のような精神的な病でなくとも強い不安や心配事といった心に対して負担をかけるようなことが起こると、脳が常に活動・覚醒しているような状態になってしまい、その結果眠りたくてもなかなか眠ることができない、寝ても疲れが取れない、というような状態になってしまうのです。

これらのものが原因となって眠れなくなっているのであれば、まずは精神的な負荷を減らすために、専門医の指示に従いながら適切な治療を受けるようにしましょう。
そうすることにより、脳は精神的な負荷を受ける前の状態と同じように、正常に活動をするようになり、自然と眠れないという症状も沈静化し、自然に眠りにつくことができるようになります。